感染症

どういう働きをするの?

乳酸菌の主な働きとしてあげられる代表的なものに整腸作用があります。
乳酸菌にはたくさんの種類があり、その種類によって働き方に違いはあるのですが、中でも特に代表的なのは整腸作用でしょう。

乳酸菌は腸内の乳酸菌を助ける働きをしてくれます。
そのため、腸内環境を正常な状態に保ってくれるのです。

また、発酵によって作り出す乳酸も腸を刺激して蠕動運動を活発化してくれます。
そのため、便秘がちでお腹が苦しいといった時はもちろん、便がゆるくなり過ぎてしまっている時などにも積極的に取るのが望ましいと言われています。

また、乳酸菌の種類によっては、特に血行を良くする作用を持っていて美肌作りに役立つと言われているものもありますし、他にも免疫を向上してくれるというふうにも言われています。
乳酸菌は腸内の環境を整えてくれますので、腸内の環境悪化によって発生するような全ての体調不良に効果的に働いてくれるというふうに言うこともできます。

老化や病気の原因の1つに腸内環境の悪化が考えられるというのは今では有名なことですが、乳酸菌はこうした不調に対応してくれるというわけです。
例えばヨーグルトを日常的に食べるブルガリアの人々の平均寿命が長いことや、乳酸菌発酵で作られる鮒寿司が薬として食べられていたというのは、こうしたことからきているのでしょう。
多くの発酵食品に乳酸菌は含まれていて、その種類は発酵食品ごとに違ってきます。
中でも乳酸菌を効率よく摂れる発酵食品というのがこちらで紹介されています。

またお腹が弱くても乳酸菌を摂取しても良いのでしょうか。詳しくはhttp://xn--vck8crc619onqea2458acp5byjf8l2b.com/

このページの先頭へ