感染症

悪玉菌をやっつけろ!善玉菌の効果

腸内には細菌がたくさんすんでいます。
その細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類に分類することができます。
善玉菌というのはその名の通り腸内環境を良い状態に保ってくれる細菌のことで、悪玉菌もその名の通り腸内環境を悪い状態にしていく細菌のこと、そして日和見菌というのはその時々の腸内環境によって良い働きをしたり悪い働きをしたりする細菌のことです。

こうしたたくさんの細菌のいる腸内ですが、ベストなのは善玉菌が優勢の状態になっていることです。
善玉菌が多い状態であればお通じもスムーズにいきますし、体の健康状態も非常に良い状態を保つことができます。

逆に悪玉菌が多くなってしまうと、体は抵抗力が弱ってしまいますしお通じもスムーズにいかなくなってしまいます。
そしてその状態が長く続けば大きな病気になっていってしまう可能性さえあるのです。

そこで大切なことは悪玉菌をより少なくして善玉菌を元気な状態に保つということです。
悪玉菌は動物性タンパク質を好みますので、食生活の改善という点では肉類を少なくして善玉菌の好む食物繊維を多くとるということがまず大切です。
そして同時に善玉菌の手助けをしてくれる乳酸菌を取り入れることも重要です。
乳酸菌はダイエットに効果的ですし、インフルエンザなどのウィルスから守ってくれるはたらきもあります。
体が弱くてすぐに風邪を引いてしまう方、毎年インフルエンザやノロウィルスに感染している方、乳酸菌が不足しているかもしれません。
丈夫な体を作るためにも乳酸菌を摂っていきましょう。

このページの先頭へ