感染症

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌というとヨーグルトやチーズなどの乳製品をまず思い浮かべる人が多いと思います。
確かにこれらの乳製品には豊富な乳酸菌が含まれているのですが、実は乳酸菌というのは乳製品だけに含まれているものではないのです。
ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌を動物性乳酸菌と呼ぶのに対し、植物性乳酸菌と呼ばれる種類の乳酸菌も存在しています。

植物性乳酸菌が豊富に含まれている食品として代表的なのは味噌や漬物です。
味噌や漬物というと、日本の昔ながらの和食には欠かせないものですよね。
乳酸菌を取るためにはヨーグルトを食べなければ!と考えている人も多いかもしれませんが、実は昔ながらの和食を食べる習慣があれば乳酸菌は自然と食事の中から摂取することができているのです。

こうした動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いhttp://www.artsinhealth.net/syokubutu.htmlは、乳製品か植物性の食品かという違いだけではありません。
実は植物性乳酸菌の方が色々な細菌との共生が可能でしかも過酷な環境下でも生き残りやすいということが知られています。
つまり、胃酸などをかいくぐって腸内にまで到達しやすいということです。

こうした特徴に違いがありますので、動物性乳酸菌も植物性乳酸菌もバランスよく取り入れるということが最も大切でしょう。

このページの先頭へ