感染症

日本食のすすめ

乳酸菌を取り入れようと思うとヨーグルトやチーズなどの洋風の食材がぱっと思い浮かびます。
どうしても和食には乳酸菌というイメージが出てこないのですが、よくよく見ていくと和食の食材には乳酸菌が豊富なものがたくさんあるのです。

例えば毎日の食事に欠かせない味噌や醤油などの調味料も乳酸菌が含まれています。
また、ぬか漬けなどの漬物も乳酸菌が豊富です。

乳酸菌と聞くと乳製品のイメージが大きいのですが、和食で乳酸菌が豊富な食材に乳製品はありません。
実は乳酸菌を含むのは乳製品とは限らないのです。

和食で乳酸菌が豊富な食べ物の場合、そこに含まれているのは植物性乳酸菌と呼ばれる乳酸菌です。
植物性乳酸菌の最も大きな特徴としては、酸に強く腸内まで届きやすいということです。
乳酸菌はたとえ食べたとしても生きたまま腸内まで届くのはごくわずかで、中には全て死んでしまうということもあります。

だからといって無意味になってしまうということはないのですが、やはりどうせ取り入れるなら腸内まで生きた状態で届けたいものです。

それが比較的可能なのが植物性乳酸菌と言われています。
ですから、ごはん・味噌汁・漬物というような昔ながらの和食を日常的に食べるということは、植物性乳酸菌を豊富に取り入れることにつながり、健康へとつながっていくのです。

このページの先頭へ