感染症

乳酸菌ってそもそも何?

乳酸菌というのはそもそも何かというと、発酵によって乳酸を作る嫌気性の細菌の総称です。
ですから、乳酸菌というのは学名でも何でもありませんし、上記以外の特別な定義は存在していません。

しかし、私たちの身近なところに常に存在していて、人間は非常に古い時代から乳酸菌を利用して様々な食品などを作ってきました。
ヨーグルトや漬物などはその一部です。

そして私たちの腸内環境は乳酸菌が元気に働いているかどうかで随分とその状態が変わってきてしまいます。
腸内には善玉菌と悪玉菌そして日和見菌と呼ばれる菌がいるのですが、乳酸菌は善玉菌として腸内環境を健全に保つ働きをしてくれています。
そして腸内環境が整っていれば体は健康な状態が保たれるのです。

もしも腸内環境が乱れて悪玉菌が優勢の状態に傾いていくと、体の調子もまた悪くなってしまうということが分かっています。
そのため、乳酸菌は体調を左右する重要な役割も果たしているのです。

そんな乳酸菌を腸内で元気良く活動させるためには、プロバイオティクスといって乳酸菌を食べ物で摂取したり、プレバイオティクスといって乳酸菌のエサになるものを摂取して腸内で育てたりといったことが有効と言われています。

このページの先頭へ