感染症

乳酸菌が腸に届かないと、全く意味がないの?

乳酸菌は腸に生きたまま届くことで最も高い効果を発揮すると言われています。
しかし、だからといって腸に到達する前に死んでしまった場合には全くの無意味なのかというと、そうではありません。

それはなぜかというと、途中で死んで死骸になってしまった乳酸菌も、腸内で善玉菌の良いエサとなってくれるからです。
良質なエサがあれば善玉菌は元気に活動してくれるようになりますから、これはこれで意味のあることなのです。

乳酸菌をヨーグルトやサプリメントなどの食べ物で外側から取り入れようという考え方をプロバイオティクスと言いますが、腸内の善玉菌を育てて腸内環境を整えようという考え方をプレバイオティクスと言います。
このプレバイオティクスという考え方に則っていくと、生きた乳酸菌を腸内に届けるということよりは、腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維などを積極的に取り入れることの方が大切であるというふうにも言えます。

日本では上にあげたプレバイオティクスという考え方よりも、乳酸菌を直接腸に届けるというプロバイオティクスの方が主流なので乳酸菌は生きたまま腸に届けなければ意味が無いと考えてしまいがちです。
しかし、実際にはそうとも言い切れないのです。
こちらの乳酸菌の人気サプリメントランキングhttp://xn--u9j961g23cv74dw6c810a.com/ninnki.htmlも大変参考になるかと思います。

このページの先頭へ