感染症

腸まで届く、の意味

乳酸菌のサプリメントやヨーグルトなどを見ていると、「腸まで届く」というような表記がされていることがしばしばあります。
これはどういうことなのかというと、乳酸菌が生きたまま腸内まで到達することが可能ということです。

乳酸菌というのは生きたまま腸内まで届くことで善玉菌の味方になってくれます。
しかし、実は乳酸菌は胃酸に弱いため腸に届くまでの間に死んでしまうものがとても多いのです。
死んでしまったとしても善玉菌のエサになりますので全くムダになるということはないのですが、それでも生きて届くより働きは弱いものになってしまいます。

そこで乳酸菌を効果的に取り入れる場合に注意したいのがしっかりと腸まで届けられるものかどうかということです。

例えばサプリメントであれば腸まで届くような加工の施されているものを選ぶのが良いですし、ヨーグルトであればプロバイオティクスと表記のあるものが良いでしょう。
乳酸菌の種類ということでいえば、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌と比較して酸に強く過酷な環境下でも生き残りやすいということが分かっていますので、植物性乳酸菌を含む味噌や漬物などの和食を意識して取り入れるというのも良いでしょう。
また、人気のチーズにも乳酸菌が含まれているのはご存じでしょうか。実は冷蔵庫にある身近なものに乳酸菌は含まれています。

このページの先頭へ