感染症

体の中で悪さをする悪玉菌

悪玉菌というのは私たちの腸内に必ず存在している細菌です。
腸内細菌というのは善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類に分類されるのですが、中でも悪玉菌というのは腸内の環境を悪くしてしまう細菌のことを言います。

悪玉菌が腸内で優勢な状態になってしまうと、有毒なガスを発生させますし、腐敗が進んでしまいます。
当然お通じも正常にいかなくなりますので、便秘や下痢になってしまうことがあります。
また、体調としては風邪をひきやすくなってしまったり免疫力が低下していってしまうのです。

こうした状態が慢性的に続くと大きな病気につながっていくということも知られています。
そのため、悪玉菌をいかに少なくとどめて腸内環境を最善な状態にしておくかということは、健康を考えるうえでとても大切なことなのです。

そして悪玉菌に対抗するのに大きな力を発揮してくれるのが乳酸菌です。
乳酸菌は悪玉菌を退治する善玉菌の味方になってくれますから、善玉菌が優勢の腸内環境を作り出すために大きな働きをしてくれます。

悪玉菌は必ず腸内に存在するものですが、乳酸菌を効果的に摂取することでその働きを弱めて大きな害にならないようにコントロールすることができるのです。

このページの先頭へ