感染症

感染症を予防するための乳酸菌

感染症は感染したからといって全ての人が発症するわけではありません。
同じ細菌やウィルスに感染したとしても、ひどい症状に苦しむという人もいれば特に何もなく済んでしまうという人もいるのです。

この違いは何かというと免疫力の差です。
免疫力が高ければ細菌やウィルスに感染したとしても免疫細胞が攻撃をしてやっつけてくれますが、免疫力が低い場合には免疫細胞の力量不足によって重い症状が出てしまうということがあるのです。
そのため、感染症対策には何よりもまず免疫力を高めることが重要です。

では免疫力を高めるために具体的にできることは何かというと、それは乳酸菌を意識的にとることです。
なぜ乳酸菌が関係してくるのかというと、乳酸菌を取り入れて腸内細菌のバランスを良い状態に保っておくと免疫力も高い状態が維持されるからです。
つまり乳酸菌で免疫力が上がるのです。

逆に腸内細菌のバランスが悪玉菌優勢になってしまうと免疫力が低下してしまうことが分かっています。
こうなると様々な細菌やウィルスに感染して病気を発症しやすくなってしまいます。

ですから、感染症の予防を考える場合には、まずは乳酸菌による腸内環境の正常化を行うことで免疫力の向上ということを目指していくと良いでしょう。

このページの先頭へ