感染症

乳酸菌はいつ摂取すると効果的?

乳酸菌をより効果的に摂取したいと思った場合には、どういう時間帯に取り入れるのが一番良いのでしょうか?

まず最も避けたいのが空腹時です。
これはなぜかというと、空腹時に食べてしまうと胃がカラの状態のところに乳酸菌が直接入ってしまうので胃酸の影響をダイレクトに受けてしまうからです。
乳酸菌は胃酸に弱くそこで死んでしまうものも少なくありませんから、できることなら空腹時は避けて取り入れるというのが最も良いでしょう。
そうすることで生きたまま乳酸菌が腸内まで到達できる可能性が高まります。

例えばサプリメントであれば食後に飲むというのがおすすめです。
また、それぞれの商品に使用方法の目安が書いてあると思いますので、それを参考にしていくのも良いでしょう。
また、漬物などであれば食事中にご飯と一緒に食べることで乳酸菌を取り入れることができますし、食後のデザートにヨーグルトを食べるというのも効果的と言えるでしょう。

乳酸菌は薬ではありませんので用法容量などが特別決まっているというわけではありません。
しかし、取り入れる時間帯などを工夫することでより効果的に体内で働かせるということは可能なのです。

そのためには、空腹時を避けて取り入れるということは必須と言えるでしょう。

このページの先頭へ