感染症

善玉菌を増やせ!乳酸菌パワー

乳酸菌は体に良いというふうに言われていますが、それは腸内で善玉菌の手助けをしてくれるからです。
腸内の細菌は善玉菌と悪玉菌の2つに分けることができるのですが、これらは日々勢力争いをしている状態です。
そして健康なときには善玉菌優勢に、体調不良のときには悪玉菌優勢になっているのです。

私たちが健康でいるためには、腸内を常に善玉菌優勢に保っておく必要があります。
そのためには乳酸菌の力を取り入れることがとても大切です。

乳酸菌は善玉菌に加勢して悪玉菌をやっつけるのを助けてくれます。
そのため、悪玉菌が増え過ぎて有毒ガス発生させたりといった悪さをしてしまうのを押さえ込んでくれるのです。
中には腸内に届く前に死んでしまう乳酸菌もいるのですが、そうした乳酸菌の死骸も善玉菌の良いエサになってくれるのでやはり手助けになります。

このように善玉菌の味方をして腸内環境を良い状態に保ってくれる乳酸菌は、取り過ぎるということはありません。
ですから、日頃からヨーグルトや漬物など乳酸菌の豊富な食べ物を食べるということが大切です。

また、もしも慢性的に便秘や下痢などの症状があるようでしたら、乳酸菌のサプリメントなどを取り入れてみるという方法もあります。

このページの先頭へ