感染症

乳酸菌がアレルギーにも効くって本当?

アレルギーというのは体の免疫機能のバランスが崩れてしまうことで引き起こされるということが分かっています。
そのため、免疫機能が正常に働くように調整することができればアレルギーも治るのではないか?と考えられるのです。
そうした時にキーになるのが乳酸菌です。

乳酸菌は腸内細菌のバランスを最適に整えるための働きをしてくれます。
そして腸内細菌のバランスというのは免疫機能と大きな関わりがあるということが分かっているのです。
そのため、乳酸菌を取り入れて腸内細菌を整えるということはアレルギーの改善にも良いのではないかと注目されています。

特にhttp://anotherme.jp/でも紹介されているラクトバチルス・L55株・ビフィズス菌
乳酸菌KW3110株などはアレルギーの改善に良く働く乳酸菌の代表です。
そのため、こうした乳酸菌を使用したヨーグルトなどの食品やサプリメントなどの研究・開発・販売も各社で行われています。

また、こうした乳酸菌を取り入れるのと同時に、腸内で善玉菌優勢になっていくような良い食生活を心がけるということもとても大切です。
そのための基本としては、食物繊維が豊富な野菜類を意識して食べること・そして悪玉菌の好む肉類を食べる量を程々にすることが大切です。
また、乳酸菌の種類によっては合う・合わないがあるそうです。詳しくはhttp://www.takara-ks.jp/auawanai.html

このページの先頭へ