感染症

赤ちゃんは乳酸菌のかたまり?

赤ちゃんと乳酸菌は実はとても大きな関わりがあります。
なぜなら、赤ちゃんは乳酸菌に守られながらお腹の中で成長し、そして産まれてきてからもやはり乳酸菌に守られているからです。

乳酸菌に守られながら成長していくお腹の中の赤ちゃんですが、産まれてきて外気に触れると当然悪い細菌にもさらされることになります。
しかし、そうした細菌に赤ちゃんが勝って免疫を身につけることができるのは、やはり乳酸菌の力なのです。

そしてそうした時に大きな力を発揮するのが母乳です。
母乳には赤ちゃんの腸内で乳酸菌の一種であるビフィズス菌が成長していくために必要な糖を豊富に含んでいます。
そのため、母乳をたっぷりと飲んで成長した赤ちゃんの腸内には充分な乳酸菌がいると言われています。

近年ではアレルギー症状のある子供が増えていることが指摘されていますが、アレルギー体質の子供の場合腸内の善玉菌が少ない傾向があることが分かっています。
赤ちゃんの段階で充分な乳酸菌を取り入れておくことは、その後の体質にも影響を与えると言えるのです。

そして赤ちゃんが充分な乳酸菌を取り入れることができるかどうかということは、お母さんの腸内環境が整っているかどうかということとも無関係ではありません。
乳酸菌の体験談も参考になるので、チェックしてみましょう。

このページの先頭へ